中3のとき、小1の妹とお風呂

エロい体験談まとめ

エロい体験談速報

中3のとき、小1の妹とお風呂

僕が中3の夏の夏休み中、小1の妹と一緒に、お風呂プールで遊んだ時の体験。もちろんいやらしい目的で入ったので興奮してました。僕が学校指定の水泳パンツ(サポーター無し)、妹がヒラヒラの付いた黄色ワンピース水着、
兄なので何の疑いもなく、警戒しない妹はめちゃくちゃはしゃぎます。妹の股に手を入れ妹を持ち上げ。妹の脇の下に手を入れ、指先で胸を触るように持ち上げ。ボッキした僕の股間を妹の背中に当てたり。脇の下に手を入れて妹を上に上げるだけで、もうちょっとで天井に手が届くだけではしゃぎます。妹の水着を下にずらして妹のおっぱいを露出させたり。お風呂マットにうつ伏せの妹のお尻に顔を押し付け、仰向けの妹のおっぱいに口を押し付けても、めちゃくちゃはしゃぎます。僕もめちゃくちゃボッキしていましたが、相手が小学1年生なので、隠さず余裕でもっこりを見せてました。妹も僕の股間をつつくこともします。射精まで行くのが目的で、我慢できなくなってパンツをずらし、ボッキしたチンコを出すと、「チンコでっけぇ!?」と笑われました。チンコを出したまま、湯船にフタをして妹を上に寝かせ、妹の水着の股の布をめくり、タテスジを露出、タテスジを舐めました。当たり前のごとく毛もなく、濡れているせいでテカテカして。後はチンコを妹の太ももに挟んでシゴキを開始。出たとき、妹から教えてもらいたかったので、チンコからなにか出てきたら教えて、という旨を伝へ、夢中で腰を動かしました。射精は、チンコが上を向いていたため、手で下に下げ、先を妹の顔の方に向けさせ太ももに挟んだままの状態で射精。妹が「なんか出できた」と言ってきたので、僕が色を訊くと妹が「白いの」と精液の色を教えてくれました。見てみると妹の水着の裏返ったヒラヒラにかかっていて、その精液を妹の水着の股の布をめくり、タテスジの部分にまんべんなく塗りつけると、僕が触ってるのに安心したんだと思いますが、妹が指で僕と同じように自分のタテスジに僕の精液を一緒に塗って楽しみました。その時の妹のセリフが「なんか、ノリみたい」 多分、学校か幼稚園で使った白い糊のようだと思ったようです。後はシャワーで妹の水着とタテスジを洗い、僕が勃起チンコを洗うと妹がめちゃくちゃ凝視していました。

元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売