気になってたコを雑魚寝でイタズラ

エロい体験談まとめ

エロい体験談速報

気になってたコを雑魚寝でイタズラ
昔、男3女2で泊まりで海に行った時のこと。

学校を卒業したあとの話なんだけどさ。

おなじサークル4年間だったから、お互いに異性は感じないってことで雑魚寝で。

8畳くらいの部屋に5人雑魚寝。

昼間の海の疲れとちょっと飲んだビールのおかげでみんなパタパタと寝に入っていった。

俺の隣はK子。

スタイルがいい可愛い子で、卒業してからは離れ離れになっていた。

俺もビールが効いてきて寝ることに。

疲れも手伝ってすぐ寝ることができた。

泊まったところはボロ民宿だった上、季節が夏だったこともあり、ぺらぺらの布団にタオルケットというシンプルな寝具だった。

雑魚寝とは言っても、布団同士の距離は数センチ離して敷いてあった。

寝てから数時間したとき、俺はぺらぺらの布団の寝心地の悪さに目が覚めた。

そのとき、目の前に人の気配を感じた。

ちょうど自分は寝返って横を向いて寝ていた状態だった。

目を覚ましたとき、隣のK子は上を向いて寝ていた。

俺の頭はちょうど彼女の横顔を見つめている状態に。

距離にして20センチぐらい。

今から考えるとおかしな話だが、彼女は自分の布団の一番俺に近いところで上を向いて寝ていたのだった。

俺の心の悪魔が囁いた。

(いたずらしてみる?!)

俺は寝ぼけたふりをして彼女の肩口あたりに頭をすりすりしてみた。

彼女の頭が動いたが、起きた素振りはなさそうだった。

俺は調子に乗った。

「うーん」と寝ぼけた演技をして、彼女の胸の膨らみの下の部分に手のひらの下が当たるように腕を彼女に預けてみた。

このとき初めて彼女が反応した。

頭がこっちを向いたのだ。

しかし、すぐに元に戻っていった。

このときの彼女の格好はタンクトップに短パン。

俺の手のひらには彼女のタンクトップ越しにブラの感触が感じられたのだが、何気に置いた人差し指がタンクトップとブラ越しに彼女の乳首を発見した!

あくまで俺は寝ぼけていなければならなかった。

しかし、指先に乳首を感じていて動かさないのは後悔するであろう。

そこで指を動かすとき、慎重に服の表面を撫でるようにしてみた。

すると、指を動かすたびに彼女の鼻息が荒ぐのがわかった。

「ふー」と指を動かしたときだけ鼻息を荒げる。

俺は確信した。

(この子は感じている)

そこで少し大胆に動かすことにした。

もう寝ぼけていましたでは済まない。

指で乳首を摘むように愛撫し始めたところ、どんどん彼女の鼻息が激しくなる。

俺はどんどん大胆になり、ついに胸を揉むことにした。

彼女は鼻息をしながら大きなため息をついた。

俺は勝利を確信した。

これはいけるぞと。

彼女は目を閉じたまま鼻息を荒げていたが、俺は大胆にも彼女のタオルケットの中に手を入れ、彼女の短パンの裾から手マンを試みた。

「あっ」

彼女が小さな声をあげた。

パンツの中は十分に濡れていた。

指マンは楽勝で可能だった。

「ふっ、ふー」

彼女は声が出るのを必死で堪えているようだった。

指マンもそこそこに、その十分な濡れ具合に俺のチンポも十分にいきり立っていたので、挿入を決意するのにはそんなに時間がかからなかった。

通常、雑魚寝でやるのなら横臥位で横向きで挿入が一般的なんだろうけど、何を考えたのか、そのときの俺は正常位でのアプローチを試みた。

他のみんなは爆睡していると判断したのだった。

俺は起き上がり彼女の短パンの裾に自分のチンポを宛てがった。

すでに我慢汁は全開で、生挿入を決意していた。

そのときの俺の格好はTシャツに短パンで、挿入のために短パンの前のジッパーを開けていた。

俺のチンポが彼女のマンコに触れた瞬間だった。

ぬるっとした愛液の感触を一瞬感じたそのとき・・・。

「イヤッ!」

小さな声だが力強く彼女に拒絶されてしまった。

彼女は体をひねり横向きになった。

俺のチンポは入り口を見失い、彼女の濡れたマンコの入り口をスリップしながら布団に直撃してしまった。

その瞬間、ドクドクと不覚にも発射してしまった。

オナニーをした後の虚しい罪悪感のような感覚が俺を現実に引き戻した。

自分の発射したあとをTシャツで拭き取り、俺はトイレに立った。

そして、友達を失ってしまう恐怖に後悔した。

(俺はなんてことをしてしまったんだ?)

トイレで汚れを処理した後、俺は民宿の玄関口のソファに座って、後悔をしていた。

(明日、どんな顔して会えばいいのだろう?)

どれくらい時間が経ったのか・・・。

その時間を長く感じてたそのとき、K子がやってきた。

K子「ごめんね」

俺「いや、俺が悪いんだ」

K子「・・・」

俺「外行こうか?」

俺は彼女を海岸に誘った。

K子「うん」

彼女は黙ってついてきた。

海岸に着くと彼女は砂浜に座り、月明かりで黒光りする海を眺めていた。

俺は言葉に詰まってしまい、どうしたらいいか判らなくなった。

仕方なく、俺は彼女を置き去りにして、波打ち際に沿って歩き始めた。

そこは結構小さな入り江のような海岸だったので、すぐに行き止まりになってしまった。

振り返ると彼女はずっと座って海を眺め続けていた。

俺は躊躇しながらも、どうやって彼女との関係を壊さないようにしようかだけを考えながら、今度は彼女の方に波打ち際を歩いて帰っていった。

彼女のそばに近くなり、俺は探りを入れてみた。

体操座りする彼女の背後から抱き締めて「どうした?」と聞いてみた。

彼女の目は潤んで俺をじっと見つめていた。

(いける!)

俺は勝負に出た。

彼女にキスをして胸を揉み、愛撫を始めたのだ。

彼女は俺を受け入れ体を預けてきた。

さっきの部屋と同じように鼻息が荒くなってきた。

俺は砂浜に腰掛け、彼女を抱っこする形になったんだが、彼女は大胆にも俺の短パンを下ろしてチンポを咥えてきた。

先ほど発射したばかりだが、俺のチンポはまたギンギンに立ってきた。

俺は彼女を押し倒した。

短パンを脱がせてすぐに挿入しようとした。

彼女はすでに洪水状態でテンパっていた。

俺がチンポを彼女のマンコに宛てがうと彼女は腰を押し付けてきた。

わずかなタイミングの差で俺が腰を押し付けた。

奥まで挿入が完了したとき彼女が声をあげた。

K子「あーっ」

部屋での押し殺した声とは違い、解放された大きな声で、人にバレやしないかと心配した。

俺はそのときはまだ経験が浅く、しかもゴムなしの生マンだったので、たちまちイキそうになってしまった。

俺「K子、イッちゃうよ」

俺は抽送を繰り返しながら彼女に伝えた。

彼女のマンコはとても感度よく、彼女は声を出しまくっていたが、それを聞くと「もっとー!もっとー!」と哀願してきた。

俺はこのままではヤバイと思い、チンポを抜くとマングリクンニ攻撃を仕掛けた。

彼女はおそらく初めての経験だったのだろう、「あっ、そんな!」と恥ずかしそうな声を出した。

俺はそれに萌えて、舐めまくってしまった。

口が疲れて、彼女のマン汁でべとべとになった頃、再度挿入した。

今度は屈曲位で奥まで深く。

しかも連続ピストン攻撃で、腹筋の続く限り彼女の恥骨に俺の恥骨をぶつけ続けた。

K子「あ、あ、あ、あ、あ~!!」

俺が突くたびに彼女は声を荒げた。

まさに人間の本能が現れる一瞬だった。

「イクよー」と言って俺はチンポを抜き地面に発射した。

AVの観過ぎと言われたくなかったから、顔射は避けたかったのだ。

今考えると中出ししてもよかったかも(笑)

8畳くらいの部屋に5人雑魚寝。

昼間の海の疲れとちょっと飲んだビールのおかげでみんなパタパタと寝に入っていった。

俺の隣はK子。

スタイルがいい可愛い子で、卒業してからは離れ離れになっていた。

俺もビールが効いてきて寝ることに。

疲れも手伝ってすぐ寝ることができた。

泊まったところはボロ民宿だった上、季節が夏だったこともあり、ぺらぺらの布団にタオルケットというシンプルな寝具だった。

雑魚寝とは言っても、布団同士の距離は数センチ離して敷いてあった。

寝てから数時間したとき、俺はぺらぺらの布団の寝心地の悪さに目が覚めた。

そのとき、目の前に人の気配を感じた。

ちょうど自分は寝返って横を向いて寝ていた状態だった。

目を覚ましたとき、隣のK子は上を向いて寝ていた。

俺の頭はちょうど彼女の横顔を見つめている状態に。

距離にして20センチぐらい。

今から考えるとおかしな話だが、彼女は自分の布団の一番俺に近いところで上を向いて寝ていたのだった。

俺の心の悪魔が囁いた。

(いたずらしてみる?!)

俺は寝ぼけたふりをして彼女の肩口あたりに頭をすりすりしてみた。

彼女の頭が動いたが、起きた素振りはなさそうだった。

俺は調子に乗った。

「うーん」と寝ぼけた演技をして、彼女の胸の膨らみの下の部分に手のひらの下が当たるように腕を彼女に預けてみた。

このとき初めて彼女が反応した。

頭がこっちを向いたのだ。

しかし、すぐに元に戻っていった。

このときの彼女の格好はタンクトップに短パン。

俺の手のひらには彼女のタンクトップ越しにブラの感触が感じられたのだが、何気に置いた人差し指がタンクトップとブラ越しに彼女の乳首を発見した!

あくまで俺は寝ぼけていなければならなかった。

しかし、指先に乳首を感じていて動かさないのは後悔するであろう。

そこで指を動かすとき、慎重に服の表面を撫でるようにしてみた。

すると、指を動かすたびに彼女の鼻息が荒ぐのがわかった。

「ふー」と指を動かしたときだけ鼻息を荒げる。

俺は確信した。

(この子は感じている)

そこで少し大胆に動かすことにした。

もう寝ぼけていましたでは済まない。

指で乳首を摘むように愛撫し始めたところ、どんどん彼女の鼻息が激しくなる。

俺はどんどん大胆になり、ついに胸を揉むことにした。

彼女は鼻息をしながら大きなため息をついた。

俺は勝利を確信した。

これはいけるぞと。

彼女は目を閉じたまま鼻息を荒げていたが、俺は大胆にも彼女のタオルケットの中に手を入れ、彼女の短パンの裾から手マンを試みた。

「あっ」

彼女が小さな声をあげた。

パンツの中は十分に濡れていた。

指マンは楽勝で可能だった。

「ふっ、ふー」

彼女は声が出るのを必死で堪えているようだった。

指マンもそこそこに、その十分な濡れ具合に俺のチンポも十分にいきり立っていたので、挿入を決意するのにはそんなに時間がかからなかった。

通常、雑魚寝でやるのなら横臥位で横向きで挿入が一般的なんだろうけど、何を考えたのか、そのときの俺は正常位でのアプローチを試みた。

他のみんなは爆睡していると判断したのだった。

俺は起き上がり彼女の短パンの裾に自分のチンポを宛てがった。

すでに我慢汁は全開で、生挿入を決意していた。

そのときの俺の格好はTシャツに短パンで、挿入のために短パンの前のジッパーを開けていた。

俺のチンポが彼女のマンコに触れた瞬間だった。

ぬるっとした愛液の感触を一瞬感じたそのとき・・・。

「イヤッ!」

小さな声だが力強く彼女に拒絶されてしまった。

彼女は体をひねり横向きになった。

俺のチンポは入り口を見失い、彼女の濡れたマンコの入り口をスリップしながら布団に直撃してしまった。

その瞬間、ドクドクと不覚にも発射してしまった。

オナニーをした後の虚しい罪悪感のような感覚が俺を現実に引き戻した。

自分の発射したあとをTシャツで拭き取り、俺はトイレに立った。

そして、友達を失ってしまう恐怖に後悔した。

(俺はなんてことをしてしまったんだ?)

トイレで汚れを処理した後、俺は民宿の玄関口のソファに座って、後悔をしていた。

(明日、どんな顔して会えばいいのだろう?)

どれくらい時間が経ったのか・・・。

その時間を長く感じてたそのとき、K子がやってきた。

K子「ごめんね」

俺「いや、俺が悪いんだ」

K子「・・・」

俺「外行こうか?」

俺は彼女を海岸に誘った。

K子「うん」

彼女は黙ってついてきた。

海岸に着くと彼女は砂浜に座り、月明かりで黒光りする海を眺めていた。

俺は言葉に詰まってしまい、どうしたらいいか判らなくなった。

仕方なく、俺は彼女を置き去りにして、波打ち際に沿って歩き始めた。

そこは結構小さな入り江のような海岸だったので、すぐに行き止まりになってしまった。

振り返ると彼女はずっと座って海を眺め続けていた。

俺は躊躇しながらも、どうやって彼女との関係を壊さないようにしようかだけを考えながら、今度は彼女の方に波打ち際を歩いて帰っていった。

彼女のそばに近くなり、俺は探りを入れてみた。

体操座りする彼女の背後から抱き締めて「どうした?」と聞いてみた。

彼女の目は潤んで俺をじっと見つめていた。

(いける!)

俺は勝負に出た。

彼女にキスをして胸を揉み、愛撫を始めたのだ。

彼女は俺を受け入れ体を預けてきた。

さっきの部屋と同じように鼻息が荒くなってきた。

俺は砂浜に腰掛け、彼女を抱っこする形になったんだが、彼女は大胆にも俺の短パンを下ろしてチンポを咥えてきた。

先ほど発射したばかりだが、俺のチンポはまたギンギンに立ってきた。

俺は彼女を押し倒した。

短パンを脱がせてすぐに挿入しようとした。

彼女はすでに洪水状態でテンパっていた。

俺がチンポを彼女のマンコに宛てがうと彼女は腰を押し付けてきた。

わずかなタイミングの差で俺が腰を押し付けた。

奥まで挿入が完了したとき彼女が声をあげた。

K子「あーっ」

部屋での押し殺した声とは違い、解放された大きな声で、人にバレやしないかと心配した。

俺はそのときはまだ経験が浅く、しかもゴムなしの生マンだったので、たちまちイキそうになってしまった。

俺「K子、イッちゃうよ」

俺は抽送を繰り返しながら彼女に伝えた。

彼女のマンコはとても感度よく、彼女は声を出しまくっていたが、それを聞くと「もっとー!もっとー!」と哀願してきた。

俺はこのままではヤバイと思い、チンポを抜くとマングリクンニ攻撃を仕掛けた。

彼女はおそらく初めての経験だったのだろう、「あっ、そんな!」と恥ずかしそうな声を出した。

俺はそれに萌えて、舐めまくってしまった。

口が疲れて、彼女のマン汁でべとべとになった頃、再度挿入した。

今度は屈曲位で奥まで深く。

しかも連続ピストン攻撃で、腹筋の続く限り彼女の恥骨に俺の恥骨をぶつけ続けた。

K子「あ、あ、あ、あ、あ~!!」

俺が突くたびに彼女は声を荒げた。

まさに人間の本能が現れる一瞬だった。

「イクよー」と言って俺はチンポを抜き地面に発射した。

AVの観過ぎと言われたくなかったから、顔射は避けたかったのだ。

今考えると中出ししてもよかったかも(笑)
元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売