#無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった4(転載不可)

エロい体験談まとめ

エロい体験談速報

#無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった4(転載不可)
前回の話

健吾は、大きく震える純子の腰を見て、慌てて指を引き抜いた。指が抜けるとき、ピュッと透明のしぶきが少量飛び散るのが見えた。

「だ、大丈夫?」
健吾は、慌てた感じになっている。純子は、まだ腰がガクガクと震えている状態だ。でも、そんな状態でも、
『う、うん。平気……。すごかった……』
と、夢見心地という感じで言う。卑猥すぎるランジェリー姿のまま、グッタリとソファに身体を預けている純子。下着の機能を果たしていない穴あきのブラからは、純子の勃起しすぎて膨らんだようになっている乳首が丸見えだ。

続きを読む
元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売