相手の言うこと何でも聞くっていう遊びですよ

エロい体験談まとめ

エロい体験談速報

相手の言うこと何でも聞くっていう遊びですよ

あんまりエチじゃないけど、、、

今の彼女の話。

3年ちょっと前から付き合っているのだが、そのとき俺は大2、彼女大1。
彼女にはキスの経験すら無く、漏れも最後まではしたことが無かった。
中途半端な経験が無い彼女と、漏れの変態パワーがちょうどいい
按配で混ざり合い、付き合って一ヶ月ぐらいの時にはBまでは進んでいた。
しかし、相変わらず彼女は恥ずかしさを前面に出しており、
これがまた漏れのS心を擽っていた。

そんな彼女の口から「奴隷ごっこ」という言葉が飛び出したのは、
付き合って2ヶ月ぐらいの時でした。

…ってのはどうだ?

>128の続き…

彼女とはサークルの先輩、後輩の関係から発展したのですが、
その日、彼女がこんな話を振ってきた。
彼女「Aさん(漏れ)、弘美ちゃん(同じサークルの人)今度の練習くると思います?」
漏れ「う?ん、来ないかもね、弘美ちゃん忙しそうだからね。」
彼女「え?、来てほしいなー」

その時、何を思ったのか
彼女「Aさん、賭けしません?」
漏れ「へ?、何を?」
彼女「弘美ちゃんが今度来るかどうかですよ」
漏れ「はぁ、別にいいけど・・・俺は来ないに賭ける」
彼女「じゃあ、私は来る方に賭けます」

実直な性格の彼女から「賭け」という単語が出てきて少々驚きましたが、
どうも彼女の家では昔から小さな賭け事をする習慣(?)があったらしい。
(甲子園の優勝チームを予想、掛け金も100円ぐらいのレベル)

彼女の名前募集中。

漏れ「んで、何賭けるの?」
彼女「う?ん、どうしよう、何かいいのあります?」

「よし!ここでHな事をネタにしよう」と思い、彼女に色々提案した。
(色々言うても、たいした事では無い)

彼女「ダメっ!そんなの出来ないです。AさんはHな事ばっかりでダメです。」

この時の漏れには「うるせー、言う通りにしろ」等の強気な発言ができないヘタレでした。

漏れ「じゃあいいよ、そっちが決めてよ」
彼女「う?ん・・・・・・・!!!じゃあ、奴隷ごっこにしましょう!」
漏れ「は?」

展開遅くてすいません、この時点で出来るだけ彼女が何も知らない事を強調したかったので。
何とか、大学の図書館でのHまで持っていこうと思います。
暇な方はお付き合い願います。

文末が全然統一されてない・・・以下統一します。

(奴隷・・・なに言うとるんだこのコは?)
その時漏れの頭の中は、「エロ本に出てくる拘束着にロングコートで身を隠した女in夜の公園」
で完全に支配されていた。
「奴隷ごっこって・・・何なの?」
「えっ?Aさん知らないんですか?私、高校の時よく友達とやったんですけど」

なにーーーっ?知らんぞそんなの!っちゅうか、やった事ネーヨ!
・・・友達・・・ってまさか・・・

「えっ・・ホンマにやった事無いんだけど・・どんなことするの?(ガクガク)」
「賭けに負けた方は、相手の言うこと何でも聞くっていう遊びですよ」

ヤッパリーー!そんな遊びだよね・・・で、何でもって・・・
再び、漏れの頭には拘束着(以下略)でいっぱいになった。
しかし今度はその女は輪姦されていた。

「高校の時は・・どんな奴隷ごっこだったの?・・・(ブルブル)」
「・・う?ん一番多かったのは、お弁当の中に入ってるおかずをあげるとかですね。」

神様ありがとう!

「そっ、そう・・。へぇ・・・」
「もう大変なんですよ。私負けることが多くて、いつもウインナーとか取られてたんですよ!」
「そう・・それは大変だったね・・・ん?」

実は漏れは弘美ちゃんに「今度の練習は?と言う理由で多分行けれません」という旨を聞いていた。
知っていたが、彼女との会話ではその事は言っていなかった。
理由をいちいち言うのがめんどくさかったので、適当に流していたのである。

ヨッシャ!

「よし!奴隷ごっこにしよう。ホンマになんでも聞くんよね」
「ハイ!、なんでもです」
「ホンマにホンマになんでも聞かなきゃいけんのよね。」
「そうです!だって奴隷ですから。」

漏れと彼女の「ずれ」の禿げしさはもちろん分かっていたが、
最後の発言には萌えすぎた。

その夜、漏れは締め切り間近レポートを完全無視し、
「弘美ちゃん、明日だけは君の顔を見たくない」と願をかけつつ(弘美ちゃんごめんなさい)、
来るべき日(彼女がとまりに来る週末)の為に様々なプレイを熟考していた。

そして次の練習日。
弘美ちゃんは練習に来なかった。

続く。

お泊り当日。実はこれが初だった。
飯を食った後、

「よし!奴隷ごっこだ」
「あーあ、でも仕方無いですね、賭けは賭けだし。」

まあ、90%以上イカサマだがな。

漏れはこの日の為に予習していた事を必死で復唱していた(心の中で)。
目標はズバリ「フェラ」だった。
上でBまでいったと書いたが、下着の上から止まり。
そう、ここの主である1との根本的な違い、漏れはリアルでは完全に初心者だったのである。

「とりあえず、脱いで。」
「えっ?」

これが漏れの精一杯の発言だった。
彼女の顔は真っ赤だった。

「奴隷ごっこ。」
「えーー、そんなの聞いてないですよ。」
「何でも言う事聞くんでしょ。」
「えーー、だってエッチな事は・・・」

この「エッチな事」発言に禿げしく萌えたのは言うまでもないが、
ここは萌え板では無いのでこれについての考察は割愛する。

「じゃあ、何するんだと思ってたの?」
「えっ・・・、肩もみとか・・・」

ぐははははは、ひん剥いてやるぞ!たっぷりとな。
脳内だけは一人前だった漏れ。

「いいから、脱ぐ脱ぐ!」

彼女も観念したらしく、恥ずかしそうに上着を脱いだ。
彼女が「自分から」脱ぐのはこれが初めてだった。
渋る彼女に、何度か「もう一枚」を繰り返し、やっとブラだけになった。

「んじゃ次は下ね。」
「!!」

下着のみになった所で、漏れは暴走寸前だった。
何とか理性を保ちつつ、ブラをはず「させた」。
初めて見る彼女のおっぱいに漏れはブチ切れ、彼女を布団に寝せてしゃぶりついた。

「アッ、ダメ!」

付き合い始めて初めて彼女が「敬語or丁寧語」を使わなかったのにさらに興奮。
一気に下着も「脱がせ」て(もう余裕0)、上を吸いつつ下の方へ指をもっていった。

「ハァ、ハァ・・・こんなの聞いてないですよ・・・」
「俺は聞いっとった。」

よし、突撃!
次は初指マンである。
彼女のアソコを触った瞬間、その「ヌメリ」で漏れは一気に爆発。
スジに合わせて、激しくアソコを擦った(by中指)。
それまでの経験が効果有だったのだろう、彼女はその瞬間激しく悶えだした。

「あっ、あっ、あっ、ダメ・・・そ・・ん・・ハァ、ハァ、ハァ・・・」
「ここ気持ちいい?(加速)」
「アアッ、アアッ・・・うあっ・・イ・・アアッ・・・」
(無視かよ・・・更に倍)
「ウアアッ・・・ハァハァ・・な・・なんか・・・アアッ」

触っているうちに、どこがクリなのか大体分かったので、そこに集中。
「アアアッ!・・・そこぉ・・・アアアッ・・・」
「ここ気持ちいい?」
「う・・・ウァ・・き・・きもち・・いい・・ああああっ・・・」
「俺はここ触ってるから、さっき触ってた所、自分で触ってみて」
「フーッ、フーッ、う・・・うん・・ハァ・・ハァ」
「・・アッ・・アッ・・えっ・・・何コレ・・・」

「濡れてる?」
「う・・・うん」
「じゃあ、そこさっき俺がしたみたいに擦ってみ。」
「うん・・(漏れもクリ責め再開)・・・アアアアッ・・・アアアアアッ!」
「凄いの?・・そこ?」
「アー・・アゥ・・す・・すごい・・なんか・・アアッ・・とまら・・・」
「もっとやってごらん・・・ハァハァ・・」
「う・・・・・アアアッ!・・アアアッ!・・・アアアッ!・・・」
「ウアアッ・・な・・なん・・か・・・イァアア・・イヤッ・・イヤッ・アア」
「あ・・あたまが・・・アーーーーッ・・・アアアアアアアアーーーー」

ブルブルッと彼女が震え、彼女は生まれて初めてイッた。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」
「イッちゃった?」
「えっ?・・・ハァ・・なんです?・・・ハァ・・・」
「頭の中が真っ白になっちゃったでしょ?(byエロ本の知識)」
「う・・うん・・・」
「それを「イク」って言うんよ」
「・・・へぇ・・そうなんですか・・・はぁはぁ・・」
まるで、どこぞのロリ物のような会話が出来た事を神に感謝しつつ、
奴隷ごっこ第一幕は終わった。

その後、フェラをしてもらったが、当然歯が当たって漏れは別の意味で悶絶した。
それから、目標を超える初Hに望んだが、AM3:00と言うこともあり、
漏れのチンポが立たない&入れる場所がいまいち分からんという、典型的な初H失敗談を
繰り広げた。

でも次の日の朝、成功しますた。
長文失礼。

このあと、このスレの本題である「彼女の成長」についての話は、
読み手の需要があれば、書かせていただきます。
ありがとうございました。

元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売