禁じられた恋愛 妹と知らずに付き合ってしまった兄です。

エロい体験談まとめ

エロい体験談速報

禁じられた恋愛 妹と知らずに付き合ってしまった兄です。

妹の雅恵と恋愛をしています。妹と言っても腹違いの妹。妹がいることも知らなかったんです。
僕の両親は4才の時に離婚。僕は母に育てられた。
雅恵に会ったのは3年半前。僕が27歳の時に会社の仲間と合コンで出会いました。
一瞬で雅恵を好きになった。雅恵はこの時20歳。
短大出立てで、某銀行に就職して1か月半の新入社員でした。妹なんて知るわけもない。雅恵も僕を兄だなんて知らずでした。
不思議に感じたのは、合コンで自己紹介したとき苗字が僕の昔の苗字と同じだってこと。
今、僕は母の苗字です。雅恵は離婚した父の苗字だった。
お互いに惹かれてしまった。それからです。LINE、メルアドとも交換した。
翌週末一緒にデートしました。
雅恵とエッチしたのは1か月半たった雅恵の誕生日でした。
バースデーを澁谷にあるおしゃれなフレンチレストランのフルコースでお祝い。
僕は指輪をプレゼントしました。婚約という意味ではなくて恋人としてのプレゼント。
「亮一さん、どうもありがとう。嬉しい!!指ははめてもいい?」
右手薬指にはめてずーっと見つめてました。嬉しそうな笑顔が可愛い。雅恵が可愛くて可愛くて今晩は絶対に雅恵と。って思ってた。お店出てもう1件ショットバーに行って飲みながら話した。
「雅恵ちゃん・・・今日って遅くなっても大丈夫?」
「え?・・・ええ。大丈夫ですけど・・・」
僕は雅恵を見つめました。雅恵もわかってくれました。
「いい?」
うつむいてこっくり頷いた。1杯だけカクテル飲んで店出て道玄坂に向かい、某ラブホに入った。
部屋に入って雅恵を抱きしめた。キスした。雅恵から舌を入れてきました。僕も夢中でディープした。
「シャワー浴びてもいいでしょ?」雅恵が風呂に入りにいった。
雅恵の脱ぐ姿を見て、僕も我慢できなくてスーツ脱いで下着も脱いで雅恵のところに行った。
「いや・・・恥ずかしいって。享一さん・・・一緒に入るの?」
「うん。一緒に入りたいんだ。」
「じゃあ、あまり見ないでね。」
一緒にフロに入ってシャワーで汗流しあった。雅恵のスタイルにドキドキしました。おっぱいはCカップサイズで形も綺麗で乳首がツンと上向いてた。
アソコの毛は立て一文字で綺麗に手入れしてた。
「雅恵ちゃん、綺麗だね。」
「あまり見ないで・・・恥ずかしいの。」
言いながらも勃起した僕のチ○○を見て雅恵は少し驚いてました。
僕のは14?半です・・・まあ太いほうかも。
「享一さんの・・・凄いわぁ。初めて。」
「え?まさかバージンなの?」
「ううん・・・大きいの初めて。」
「そういう意味か。」
風呂出てバスタオルでお互いに拭いて抱きしめあいあました。もう一度キス。
「優しくしてね?」
「もちろん!ただ我慢でいないかも。」
「う、うん。私も。」
ベッドに行って雅恵を抱き上げて、そのまま重なって雅恵の体をたくさん愛した。
おっぱい揉みながら乳首を舐めたり吸ったり。
雅恵は声出しませんでした。感じてるようですが恥ずかしがってた。
恥ずかしがってる姿にキュンとしてしまった。夢中でした。勃起したチ○○が雅恵の下腹に当たってた。カウパーがタラタラ出てしまって。
「享一さん・・・ハァハァ、お腹が、ハァハァ・・・濡れてる。」
「え?」
見たらおへその下あたりがカウパーだらけでした。
「ご、ごめん・・・我慢汁が出ちゃってる。」
「うん。我慢しないでね。いいよ・・・来て。」
「でもさ、まだ雅恵ちゃんを見たい。ここ見せて欲しい」片手で雅恵の股間を撫でた。
「恥ずかしい・・・見るだけよ?」
僕は雅恵の両足開いて、股間を見た。まだ綺麗なマ○○だった。少しヒダヒダが出てたけど、未使用って言ってもわからないくらい形が整ってる。あとで知ったが僕が3人目のカレシだった。
少し濡れてるワレメをじーっと見つめて。そのままクンニしてました。もう!!雅恵のマ○○を好きにしたくて。
「ああ!!だめー!恥ずかしい!恥ずかしいよぉ!」雅恵が声あげた。
「ズズ――ジュル。雅恵ちゃんのが欲しい。いいでしょ?」
もう一度マ○○に食らいつきました。クリちゃんを舐めた瞬間「ん!!」と声あげて雅恵は硬直してしまった。
かまわずクリちゃんを舐めたり吸ったり。かなりの時間(20分ぐらいか?)クンニした。
雅恵も反応してました。時々腰浮かせたり、お尻が左右に動いたり。
充分にマ○○が濡れた。そろそろいいよね?
「雅恵ちゃん。いい?入っても。」
ハァハァ言いながら薄目を開けて僕を見て頷いた。
スキンをつけて、もう一度雅恵の足を開いて・・・マ○○に先端を当てた。
雅恵の顔を見ながら中に入りました。
「ンクッ!」雅恵がのけ反った。
奥に入れてぴったり重なった。
雅恵の上に被さって動きました。雅恵のマ○○はちょうどいい締まり具合と深さです。
僕のチ○○にぴったり合うって感じでした。
そして中(膣)は動いてた。締まりながらうねる感じと言えばいいかな。
「雅恵ちゃん・・・好きだ。」
「私も・・・」
数分で射精感が来て、激しく突き上げました。そして雅恵のマ○○に初発射。
「ウッ!」呻いてしまった。
「来て・・・」雅恵が僕を抱きしめた。
何度も何度も射精が続いて、最高に幸せな瞬間を感じました。今までの女性とは違う幸せというか、出会う人にやっと出会えた感がありました。不思議な感じでしたが。
「雅恵ちゃん、ごめんね。いっちゃったよ。」
僕を見てこっくり。
「いいの。これでいいの。」
「雅恵ちゃんもいきたいでしょ?」
「ううん。今度でいい。」
その日は、これで終わってお互いに帰りました。
毎週会うたびにホテルへ。
雅恵も何度もいくことを知りました。
ホテルに泊まって5回もしてしまったり。
「享一さん、私もう享一さんとずっといたい。これからもずっと。」
「僕もだ。雅恵と一緒にいたい。」
付き合って4か月ほど。雅恵とはスキン無しでエッチしたりもしました。
雅恵はフェラチオを覚えてくれた。
嬉しかったです。
「享ちゃんのも可愛がってあげたい。」
「え?」
「いっつも私のココを舐めてくれるでしょ?だから・・・お返し。」
「できるの?フェラ?やったことある?」
首を横に振って「ううん。初めて・・」
感動というか嬉しくて嬉しくて。僕のチ○○が初フェラ初体験なのが。
恐々チ○○握ってきました。
亀頭を見つめながら、雅恵はゆっくり口に含んだ。
「噛まないでね。歯も当てないでね。とっても痛いんだ。」
小さく頷いて見上げながらゆっくり舌で亀頭を舐めてきた。
教えました。やり方を。
射精まで15分はかかったと思います。
「雅恵!待って!出そうだ!」
まさか口内発射と言うわけにはいかないので、雅恵を止めさせました。
咥えたまま雅恵は首を横に振った。そのまま亀頭を舐め続けてた。
「だめだって!・・・ダメ!出る!」
雅恵の口に一気に発射!!
雅恵は目を見開いてビックリしながらも、発射している亀頭を舐めてました。
終わって。
「雅恵・・・ハァハア・・・そ、そんな。」
雅恵はゆっくり口を離した。口の中に僕のザーメンがたっぷり。
雅恵はキョロキョロしてティッシュを見つけると、急いでティッシュに吐き出した。
「大丈夫?」
「う、うん・・・・苦い・・・」
「ごめんね。出しちゃって。」
「いいの。気持ち良かった?私初めてだから下手くそでしょ・・・ごめんなさい。」
「いや。とっても嬉しかった。だって僕のためにしてくれたでしょ?初めて。」
小さく頷いて雅恵はニッコリ笑った。
それから雅恵はフェラを一生懸命覚えてくれました。口内発射オンリー。絶対に雅恵は射精中口を離さない方法でフェラしたくれるようになった。
交際して1年になろうかなと言うときでした。
子供ができたんです。雅恵&僕の。
「享ちゃん、どうしよう・・・妊娠しちゃったかも。」
「妊娠!!ほんと?」
何度も雅恵は頷いた。生理が2か月来ないって言った。
「享ちゃん・・・どうしよう・・・どうしよう。」ポロポロ涙流して僕を見た。
「雅恵・・・」
「どうしよう・・・どうすればいい?」
「雅恵、結婚しよう。」
「享ちゃん・・・」泣きながらずっと頷いてました。
僕たちは結婚だ!と喜びあいあました。
そして、2週間後に雅恵の両親に挨拶に行った。殴られるのを覚悟で。
しかし、殴られる以上の出来事だった。

雅恵の家に着いて、出迎えてくれたお母さんにご挨拶。
雅恵のお母さんは歓迎してくれました。
リビングに入って、そこにお父さんが座ってました。
お父さんはムッとした感じで、黙ってた。
「やばいなあ・・・怒ってる。」と思った。
少しして、僕はこの人とどっかで会ったことあると思った。どこで?いつ?
雅恵は僕の隣に座ってました。
お母さんがコーヒーやケーキを持ってきてお父さんの隣に座った。
雅恵の妹(当時19歳)、弟(当時17歳)も来てソファの端に座った。
緊張しながらも雑談できました。いつ結婚の話を切り出すか。必死にタイミングを考えた。
とはいえ、さっきからお父さんのことが非常に気になった。絶対にどこかで会ってる。
「あのお・・・間違ってたらすみません。お父様にどこかでお会いしたことがあるかと思うんですが。」
「ん?私とか?」初めてお父さんが口を開いた。
「はい。もしかして仕事か何かでお会いしたことがあるかもしれません。」
「そうかな・・・私は君の会うのは初めてだがね。」
しばらく話していて、僕の両親が離婚したこととかも話しました。母に育てられたことも。
旧姓も。母の名前も。
お父さんの顔がだんだん神妙なというか、何か考えている感じになった。
僕も何か違和感を感じた。
そして瞬間的に思い出がよみがえった。父の顔と目の前の雅恵のお父さんの顔が一致。
「ああ!!もしかして・・・お父さん??」
お父さんが立ち上がって僕を見つめた。「享一・・・享一か!!」
まさかの父、息子の再会でした。
しかし、その瞬間、その場は地獄となりました。
雅恵は・・・僕の妹(腹違い)であること。
そして僕の子供を妊娠している。
雅恵も絶句。真っ青になった。僕も体の震えが止まらなかった。
知らなかったとはいえ近親相姦(兄妹相姦)をしたうえに、妊娠させてしまった。
雅恵は妊娠3か月目になってました。
「享一!雅恵!・・・な、なんてこった!!なんで!なんでこんな・・・」お父さんが叫んだ。
雅恵のお母さんは狂ったように泣いた。
妹、弟はわけわからないといった状況。
修羅場になってしまった。
「享ちゃん・・・私たち兄妹なの?・・・ほんとなの?ねえ!ほんとなの!うそでしょ!」「雅恵!落ち着け!」僕もあせった。
「享ちゃんの子供・・・いやあ!!そんなのいやあ!!享ちゃん、享ちゃん。ウソでしょ?ウソでしょ?」
しばらくその場はドタバタでした。
全員が落ち着いてから、この後のことをどうするかって話になった。
僕は母に電話した。
そして状況を話して、雅恵のお腹に子供がいることも話した。
母は電話で大泣き。

その後ですが・・・
雅恵は子供をおろしました。
僕と雅恵が会うことは、両家の相談で禁止となった。
でも、一度愛しあってしまった関係です。僕と雅恵。
会うなと言われれば、余計に会いたくなるのが当たり前ですよね。
もう、2年半続いてます。
今も、雅恵とは月に数回会ってます。兄妹としてではなく恋愛関係で。
セックスも。何回も何回もやりました。
「享ちゃんと別れられない・・・別れたくない!」
「僕だって。雅恵を他人に渡したくない!」
どうすればいいかなんてわかりません。わからないまま会えば僕も雅恵も狂ったようにセックスしてしまうことが続いています。
離れられないです。
古い言葉で「駆け落ち」ってのがあるんですね。もしかすると雅恵と僕はそれをするかもしれません。
会社もやめて、2人でゼロから知らない場所で暮らそうかって話もしてます。

近親相姦なんて絶対やってはいけないことですが、こうなったらどうしようもない世界もあるんですよ。
結論は出てませんが、こんな兄妹もいます。
わかっていただけたら、少し僕の気も落ち着く感じもしますが。
下手くそな告白を読んでいただきありがとうございました。

元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売