遅咲きの妻2

エロい体験談まとめ

エロい体験談速報

遅咲きの妻2

前置きが長くなることを初めにお断りしておきます。
まずは冒頭で紹介した東京旅行からの経過をおさらいします。
2014年の暮れ、私は出張ホストに妻をナンパしてもらう計画を企てました。
図らずも、妻がバーで股間をまさぐられる事態にまで発展し、大興奮しました。
この体験を翌年の4月に投稿すると、さらに予想外の進展に恵まれました。
ハーフパンツ、ミニスカート、貸し切り風呂、ノーパン、アダルトショップ…。
いずれも私が皆さんの感想に触発され、行動した成果です。
春から夏にかけ、妻と私は次々に刺激的な経験を重ねていきました。
その渦中、妻に東京の知人から結婚披露宴の招待状が届きました。
披露宴は9月下旬の予定で、私も一緒に上京する計画を立てました。
ただ、あくまで休みが取れたらという前提で、実現の可能性は微妙でした。
8月末、妻とバーで飲んでいるとき、珍しくエロ話で盛り上がりました。
私は妻の上機嫌につけ込み、東京でミニをはく約束を交わすことができました。
デートの場所も話し合い、ひょうたんから駒で夜の歌舞伎町に決まりました。
私の冗談半分の提案に、妻が「社会見学にいいかも」と乗ってきたのです。
妻は大学や仕事で長く東京で暮らしていたのに、新宿は縁遠かったそうです。
私はネオン街を歩く妻のミニスカート姿を想像し、がぜん意欲が湧きました。
ところが、9月に入ると、急に仕事が立て込み、休みが取りづらくなりました。
旅行は諦めかけていましたが、直前に背中を押す出来事が重なりました。
まずは披露宴を1週間後に控え、妻が髪をばっさりとショートに切りました。
旅先で冒険しようとする覚悟の表れのように映り、私は胸が騒ぎました。
続いて、幸か不幸か、仕事で頭の痛い懸案が飛び込みました。
しばらくは連休も難しくなりそうで、旅行への執着心が強くなりました。
貴重な機会を逃すのが惜しくなり、休日返上で仕事に精を出しました。
そしてシルバーウイークの最終日、とりあえず一段落させることができました。
心置きなくではありませんが、休んでも差し支えない状態にはこぎ着けました。
達成感と解放感で無性に飲みたくなり、妻を誘って夜の街に出掛けました。
一緒に上京できそうになったことを伝えると、妻は無邪気に喜びました。
私が休みを取ろうと必死に働いていたことを、うれしく感じていたようです。
今ならスケベな要求に応じてくれそうに思え、私は欲が膨らみました。

シルバーウイーク最終日の話をもう少し続けます。
私は妻と居酒屋で飲みながら、東京での予定について念を押しました。
夏に買ったミニスカートを再びはいて、夜の歌舞伎町に繰り出す約束でした。
妻は既に覚悟を決めていたらしく、「分かってる」と神妙にうなずきました。
私は心理的に優位に立った自信が芽生え、抑えていた願望が再燃しました。
1年前に旅行したときと同じく、妻が1人になってナンパを待つことでした。
軽く水を向けてみましたが、妻は「変な人に絡まれたら怖い」と拒否しました。
ただ、要望に応えられず、申し訳なさそうな態度で、まだ脈はありそうでした。
しぶとく食い下がると、思わぬ方向に突破口が開きました。
妻が「もっと安全なゲームなら、付き合ってもいい」と折れてくれたのです。
私はとっさの思い付きで、出張ホストを呼ぶことを持ち掛けました。
妻は1年前にバーで声を掛けてきた男が出張ホストだったとは知りません。
突拍子もない提案にあきれるばかりで、まともに取り合おうとしませんでした。
それでも私は諦めず、「歌舞伎町を案内してもらおう」と熱っぽく訴えました。
酔いも加勢し、「3人でデートしたい」「刺激が欲しい」と本音をぶつけました。
粘り強く説得すると、妻は根負けした様子で考え込み始めました。
堅い仕事柄、出張ホストが違法な商売ではないか、しきりに気にしていました。
私はスマホで出張ホストのサイトを見せ、妻に判断を委ねました。
無難なサイトだったので、妻は「一応、セーフみたいね」と諦め顔でこぼしました。
提案を受け入れたも同然の反応に、私は胸が躍ってたまりませんでした。
試しに、好みのホストを選ぶよう促すと、妻は「任せる」とそっぽを向きました。
旅行を3日後に控え、降って湧いたような急展開でした。
翌日、私はあらためてネットで情報を調べ、ホストを予約しました。
33歳のイケメンに電話で連絡し、「妻と3人でデートしてほしい」と頼みました。
中年の夫婦からの依頼は多いそうで、ホストはすんなりと引き受けてくれました。
デートコースについても相談し、ホストが当日までに考えておくことになりました。
私はホストにいきさつを説明し、「妻をドキドキさせてほしい」と要望しました。
ホストに妻のパンチラを披露し、あわよくば体に触れてもらうことが目標でした。
この掲示板に投稿していることを教え、参考に読んでおくよう勧めました。

旅行の当日、私たちは昼すぎに東京に到着しました。
妻は結婚披露宴に直行し、私は1人でホテルにチェックインしました。
夜の計画に備え、まずは出張ホストと電話で打ち合わせしました。
ホストから興味深い提案があり、デートコースはすぐに決まりました。
歓楽街を見物した後、立ち飲み屋とスナックをはしごするというコースでした。
「歌舞伎町らしい雰囲気を味わいたい」という私の希望に沿った選択でした。
掲示板の投稿も参考に、妻を程よく刺激できそうな店を選んだそうです。
スナックは想定外でしたが、「エロい店」と聞いて期待が膨らみました。
妻は夕方、披露宴を終えてホテルにやってきました。
珍しくパーティードレスの胸元が、ほんのりと赤らんでいました。
ホストと会う予定を前に、アルコールで気を紛らせようとしたようです。
私はいきなり妻に抱きつき、強引にキスながら、股間をまさぐりました。
妻は嫌がりながらも敏感に反応し、すぐにパンティーが湿っぽくなりました。
8月下旬から1カ月もごぶさたで、じらし続けた成果だと思います。
私はここぞとばかりに新しい要求を突き付け、難なく受け入れさせました。
1カ月前にアダルトショップで買った白いレースの下着を付けることでした。
旅行の直前に計画をひらめき、ひそかに下着を持ってきていました。
妻は軽くシャワーを浴びた後、約束通りミニスカートに着替えました。
裏地が短いベージュのレーススカートで、太ももの半分が透けて見えました。
上半身に着た黒いブラウスも薄い素材で、白いブラジャーが目に付きました。
目を凝らせば、レースのカップでだけで乳房を包んでいることも分かりました。
妻は黒いインナーを着ようとしましたが、私は頑として許しませんでした。
堅い職業らしからぬ扇情的な服装に、妻は赤面して鏡から目を背けました。
髪をショートに切り、りんとした印象が増したので、なおさら背徳的に見えました。
ホストと待ち合わせした時間が迫り、電車で新宿へ向かいました。
妻は周囲の乗客の視線が気になってたまらないらしく、終始うつむいていました。
新宿に着くころには、めっきり口数が減り、思い詰めた表情に変わっていました。
ホストに歌舞伎町を案内してもらいながら、3人でデートするという約束でした。
どこで何をするかは曖昧にしたままでしたが、妻は確認しようとしませんでした。
ほとんど言葉を交わさず、ぎくしゃくした雰囲気で駅の東口に向かいました。

出張ホストは既に待ち合わせ場所にいました。
写真より見劣りしましたが、明るいイケメンでひとまず安心しました。
ホストは観光ガイドさながらに、私たちを歌舞伎町に案内しました。
土曜の夜らしく、にぎやかで浮かれた雰囲気が漂っていました。
わい雑な人混みに、妻は圧倒された様子で言葉少なに歩きました。
透け透けのブラウスとミニスカート姿が、大勢の人目にさらされました。
期待通り、ハラハラする状況が続きましたが、長くなるので割愛します。
ネオン街をぶらついた後、立ち飲み屋に入りました。
店内は大盛況で、妻を満員電車に乗せるような危うさを感じました。
実際、そばを通る男性客と妻の背中や尻がたびたび触れ合いました。
妻の脚が目立たないのが誤算でしたが、ゾクゾクする混み具合でした。
私たちは小さな丸テーブルを囲み、がやがやと飲み食いしました。
街を歩く間に、私とホストは少しずつ会話が弾むようになっていました。
酒が入ると、さらに打ち解け、ホストが身の上話を始めました。
仕事の失敗談を面白おかしく披露し、妻も口元が緩むようになりました。
ホストは妻にも積極的に話し掛け、屈託なく悩みを打ち明けました。
年上の人妻との不倫関係が行き詰まってきたという内容でした。
後で聞きましたが、実は妻の気を引くための作り話だったそうです。
妻はまんまと引っ掛かり、親身な態度で架空の恋愛相談に乗りました。
若いイケメンに頼りにされ、プライドをくすぐられているように見えました。
私は頃合いを見て、次の計画に移ることにしました。
引き続き街を案内するようホストに頼み、お薦めのスポットを尋ねました。
「せっかく歌舞伎町に来たので、色っぽい感じの店がいい」と注文しました。
ホストは考えるふりをした後、事前に話していたスナックを挙げました。
「あやまんジャパンみたいな乗りのママがいて面白い」と説明しました。
私は初めて聞いたかのように興味を示し、「行ってみたい」と熱望しました。
妻も羽目を外す気分になっていたのか、意外にあっさりと同意しました。
スナックは、立ち飲み屋から歩いて5分ほどの雑居ビルにありました。
いちげんの客はお断りの店だそうで、ホストが先に1人で入りました。
間もなく、愛想のいいホステスが、妻と私を店内に招き入れました。
バブル時代を思わせるボディコンの超ミニワンピースを着ていました。
色気むき出しの格好に、妻は面食らった様子で、私はワクワクしました。

ホストが案内してくれたスナックは、とてもユニークな店でした。
1980年代ごろの風俗を懐かしむ店で、「昭和のエロ」が満載でした。
ピンク映画や女優のヌードのポスターが、壁にベタベタと張られていました。
壁際の棚にはエロ本や写真集が並び、ダッチワイフも飾られていました。
カウンターを含めて10席余りの小さな店で、ホステスは1人だけでした。
私たちは、妻に内緒で予約していたボックス席に案内されました。
事前に聞いていた通り、妻のパンチラをさらすのにうってつけでした。
低いテーブルを挟み、2人掛けのソファが向き合っていました。
当然のように、妻と私が隣同士、ホストは向かい側に座りました。
妻がソファに座ると、ミニスカートから太ももの半分があらわになりました。
レースから透けた短い裏地は、股間ギリギリまでずり上がっていました。
ホストは喜々として妻に話し掛けながら、チラチラと視線を落としました。
妻は膝の向きをしきりに変え、見るからにそわそわしていました。
火に油を注ぐように、ホステスが「お姉さんセクシー」と歓声を上げました。
ミニスカートだけでなく、黒いブラウスの透け具合にも注目していました。
白いブラジャーが一目瞭然で、パッドのないカップの柄まで確認できました。
妻は「目の毒でごめんなさい」とおどけましたが、どう見ても強がりでした。
さらにホステスから「やらしいブラ」と冷やかされ、顔が赤くなりました。
冗談めかして「もう帰る」と口をとがらせ、必死に取り繕っていました。
そんなどさくさに紛れ、私はホストと席を入れ替わりました。
妻の正面に腰を下ろして間もなく、鮮烈な光景に目がクラクラしました。
絵に描いたような三角形のパンチラが、視界に飛び込んできたのです。
妻はさりげなく手で隠そうとしていましたが、ほとんど焼け石に水でした。
深く沈んだソファの角度が絶妙で、太ももの奥がまともに見通せました。
白いレースのパンティーがうっすらと黒ずんで見え、いやらしい眺めでした。
こんな姿をホストに見られていたと思うと、股間がじんじんしました。
一方、ホストは妻に肩を寄せ、なれなれしく会話するようになりました。
SかMか、といった際どい話題が増えましたが、妻は寛容に接し続けました。
年上らしく落ち着いて振る舞おうと、無理しているのが見え見えでした。
どぎまぎした妻の内心を想像しながら、私は気分よくグラスを傾けました。

スナックの状況をあらためて説明します。
店内には、4人用のボックス席が2カ所とカウンター席がありました。
先客が4人いて、3人がボックス席、1人はカウンター席で飲んでいました。
「昭和のエロ」を楽しむスナックだけあって、中高年の男性ばかりでした。
カウンターでは、50歳前後のマスターが黙々と飲み物を作っていました。
店の盛り上げ役はホステスで、客の下ネタに1人で付き合っていました。
30代半ばぐらいの陽気な美女で、とにかくサービス精神が旺盛でした。
色っぽい芸のレパートリーが豊富で、若い客からも人気があるそうです。
ホストとも親しいらしく、飲み物を運ぶときに膝にまたがったりしました。
開けっ広げな肉食系の振る舞いに、妻は隣で目を白黒させていました。
やがて3人組の客がカラオケを始め、店内は一気に騒がしくなりました。
ホストはますます妻に接近し、耳元に口を寄せて話すようになりました。
「妻をドキドキさせてほしい」という私の要望通りの行動でした。
私は妻とホストを2人きりにさせるため、さりげなく席を離れました。
トイレに行った後、時間稼ぎにカウンターで飲み物を注文しました。
遠巻きに妻とホストを観察していると、マスターが話し掛けてきました。
内心を見透かした様子で「すてきな奥さんですね」とほほ笑みました。
私はうれしくなり、カウンター席に座ってマスターと世間話を続けました。
会話の最中、ホストがふざけて妻の太ももに触れる光景が見えました。
妻は「こらっ」と突っ込みを入れるような乗りで、ホストの手をたたきました。
スケベじみた空気に巻き込まれ、気分が舞い上がっている様子でした。
隣のボックス席では、3人組とホステスがにぎやかに歌い続けていました。
軽快な歌謡曲が一段落した後、急にスローなイントロが流れました。
80年代にディスコで流行した「メリー・ジェーン」でした。
カウンター席の男性とホステスが立ち上がり、チークダンスを始めました。
おなじみの余興なのか、マスターが甘い歌声でムードを盛り上げました。
ホステスは歌に合わせて悩ましく腰を振り、3人組の喝采を浴びました。
妻も笑顔で見ていましたが、ホストに何かを耳打ちされ、表情が曇りました。
つきまとうホストを振り払うようなしぐさを見て、私は胸がざわつきました。
どうやら妻はホストからダンスに誘われているらしいのです。
積極果敢なホストの行動に、私はかたずをのんで注目しました。

ホストはしつこく妻をチークダンスに誘い続けました。
痴話げんかのような押し問答に、隣の3人組も注目し始めました。
ホステスもホストに加勢し、ダンスを中断して妻をはやし立てました。
熱烈な呼び掛けに、妻は困り果てた様子で苦笑いを浮かべました。
私をチラリと見た後、こわばった顔で立ち上がり、ホストと対面しました。
すかさず、ホステスが妻の両手を導き、ホストの首に回させました。
妻は情けなく腰が引けていましたが、ホストがぎゅっと抱き寄せました。
体を密着させて抱き合う体勢となり、ヒューヒューと歓声が湧きました。
ホステスもダンスを再開し、狭い店内で2組の競演が始まりました。
妻とホストは長身で見栄えがよく、立っているだけで視線を集めました。
無防備に背を向けた妻の後ろ姿に、3人組は目がくぎ付けでした。
ピチピチのタイトスカートをはいた尻が、ムッチリと肉感的に見えました。
恥ずかしくてたまらなそうな表情との落差が激しく、欲情をそそりました。
ぎこちない妻とは対照的に、ホステスは露骨に色気を振りまきました。
相手の男性も悪乗りして尻をなで、3人組を大はしゃぎさせました。
異様な盛り上がりに、ホストもちゃっかり便乗し、妻の尻に手を延ばしました。
私が「体に触れても構わない」と伝えていたので、遠慮は無用でした。
初めは片手を添える程度でしたが、やがて両手でさすり始めました。
破廉恥な酔狂に圧倒されたのか、妻は無抵抗で尻をなで回されました。
堅い職場で働く普段はとても想像できない姿で、混乱ぶりが伝わりました。
曲が終わりに近づくと、ホステスは一段と挑発的に腰をくねらせました。
超ミニのワンピースがずり上がり、パンティーが丸出しになりました。
ホストもますます調子づき、じわじわと妻のスカートをたくし上げました。
妻が異変に気づかないまま、レースの裾が尻の間際に迫りました。
短い裏地はさらに上へ引っ張られ、尻肉の谷間がはみ出していました。
目を凝らすと、レース越しにTバックの食い込みがちらつきました。
悩殺的な露出に、3人組はギラギラした目つきで見入っていました。
間もなく曲が終わり、妻は大慌てでスカートの乱れを直しました。
私はホストと目が合ったので、ニヤリと笑って満足感を伝えました。
いつの間にか、股間が痛くなるほどカチカチに勃起していました。
妻の心と体はどう反応したのか。ホテルのベッドで確かめたいと思いました。

チークダンスの後、少しだけ飲んでスナックを出ました。
望んでいた以上の収穫が得られ、私は大いに満足していました。
ホストのサービス時間も残りわずかとなり、ここで別れるつもりでした。
ところが、ホストが「ホテルまで送ります」と言い張り、私は欲が出ました。
タクシーを拾うと、自分と妻に続いてホストを後部座席に乗り込ませました。
妻を真ん中に挟み、私が右側、ホストが左側に座るよう仕向けたのです。
1年前、妻が別のホストに股間をまさぐられたバーの状況と同じでした。
発車して間もなく、期待通りホストが妻の太ももに手を延ばしました。
妻は小声でたしなめ、手を払いのけようとしましたが、抵抗は控えめでした。
運転手から不審の目を向けられないか、気が気でない様子でした。
じゃれ合うような攻防の末、ホストが両太ももの間に手をねじ込みました。
妻は「あっ」と小さな悲鳴を上げた後、うろたえたように絶句しました。
ホストは勝ち誇った態度で、好き放題に太ももをなで始めました。
1年前と同じく、私は見て見ぬふりをしてホストのいたずらを加勢しました。
妻も私の魂胆を察したらしく、助けは求めず、ひたすら耐えていました。
ホストは妻の耳元で何かをささやきながら、股間に手を潜り込ませました。
妻は「いやっ」と弱々しく首を振り、胸中の乱れを隠せませんでした。
体が熱く反応しているのか、閉じていた膝が徐々に開いていきました。
運転手が後ろを振り向いたら、モロ見えになるのは確実でした。
ホテルに着くまで緊迫した状況が続き、私は喉がカラカラになりました。
タクシーを降りると、妻は逃げるように1人でロビーに入っていきました。
私はホストに料金を支払った後、名残を惜しんで立ち話しました。
ホストは「奥さん、どMですね」と目をぎらつかせ、握手を求めてきました。
高学歴のキャリアウーマンらしい雰囲気に、征服欲をかき立てられたそうです。
本気で妻に興味を抱いているような口ぶりに、私は激しく胸が騒ぎました。
ホストは興奮気味にデートを振り返り、さらに私を色めき立たせました。
帰りの車中で「3Pしましょう」と妻をあおり、ずぶぬれにさせたというのです。
私は衝動に駆られるまま、ホストに「部屋に来る?」と水を向けました。
ひそかに妄想していた展開で、いても立ってもいられませんでした。
ホストは喜色満面で「ここからはプライベートですからね」と強調しました。

妻はエレベーターホールで私を待っていました。
私と一緒にホストが歩いてきたのを見た途端、表情が凍りました。
うすうす恐れていた展開が現実となり、身がすくんだような反応でした。
ホストは「来ちゃいました」と不敵に笑い、妻の腰に手を回しました。
妻は「えっ、ちょっと何」と慌てふためき、たちまちパニックに陥りました。
手を振りほどくこともままならず、よろよろとエレベーターに乗せられました。
私はタクシーに続いて黙認を決め込み、素知らぬ顔で同乗しました。
ホストと打ち合わせもせず、成り行きに任せようと腹をくくっていました。
エレベーターに乗ると、ホストはいきなり背後から妻に抱きつきました。
左手で股間をまさぐり、右手ではブラウスのボタンを外し始めました。
見境のない暴挙に、妻は「やだ」「待って」とおろおろするばかりでした。
スルスルとボタンを外され、白いレースのブラジャーがあらわになりました。
部屋の階に到着すると、ブラウスがはだけたまま廊下に出されました。
我を忘れたように取り乱し、おぼつかない足取りで部屋にたどり着きました。
部屋に入るなり、ホストは妻を壁際に追い込み、強引に唇を奪いました。
妻はホストを押し返そうとしましたが、抵抗は次第に弱まっていきました。
ホストはディープキスを続けながら、器用にブラウスを脱がせました。
さらにスカートをじりじりと足元まで下ろし、妻を下着姿にさせました。
長く濃厚なキスを終えると、明らかな主従関係が出来上がっていました。
ホストはどっかりとソファに腰を下ろし、透け透けの下着姿を凝視しました。
妻が「恥ずかしいです…」と敬語で訴えても、容赦しませんでした。
後ろを向かせてTバックの尻を眺めた後、「全部脱いで」と指示しました。
妻は散々ためらった揚げ句、手で胸を隠しながら、ブラを外しました。
けなげな抵抗でしたが、厳しい催促に耐えかね、ついに乳房をさらしました。
わなわなと手の震えが止まらないまま、次はパンティーを下ろし始めました。
泣きそうな顔で陰毛をあらわにした後、観念したように両脚を抜きました。
屈辱的なストリップで裸になった妻に、ホストは言葉で追い打ち掛けました。
つんと立った乳首に目を付け、「見られると興奮するんですね」と指摘しました。
妻は「違う」と泣きじゃくるように激しく首を振り、床にへたり込みました。
ホストは「ばればれですよ」と余裕しゃくしゃくで服を脱ぎ始めました。

ホストはボクサーブリーフ1枚になり、妻に近づきました。
へたり込んだ妻を見下ろし、「奥さん、ほら」と声を掛けました。
もっこりした膨らみを見て、妻はおじけづいたように目をそらしました。
ホストは妻の手を股間に導き、「どうにかしてください」と迫りました。
妻はブリーフ越しに硬い棒を握らされ、思い詰めた表情で固まりました。
無言で葛藤した末、強い要求に折れ、恐る恐るブリーフを下ろしました。
むき出しになったホストの陰茎は、ギンギンにいきり立っていました。
ホストは銃口を突き付けるかのように、先端を妻の顔に向けました。
妻は仁王立ちしたホストの前にひざまずき、屈服したも同然の姿でした。
すがるような目でホストの顔を見上げた後、おろおろと棒を口に含みました。
初めは控えめでしたが、強く命じられるまま、おしゃぶりが本格化しました。
ズルズルと音を立てたり、裏筋や玉をなめたり、懸命に奉仕を続けました。
私は部屋の隅で息を潜めて見ていましたが、不意にホストと目が合いました。
熱っぽく手招きされ、血が騒ぎました。さっと服を脱ぎ、妻に近寄りました。
妻は急に我に返ったように慌てましたが、ホストの指示には従順でした。
滴まみれになった私のボクサーブリーフを下ろし、陰茎をくわえました。
私に許しを乞うかのように、根元まで深く吸い付き、いつになく献身的でした。
手ではホストの棒をしごかされ、アダルトビデオさながらの3Pに突入しました。
私はあまりの快感で立っていられず、床に腰を下ろしてフェラチオを続けさせました。
一方、ホストは四つんばいになった妻の背後に回り、陰部をいじりだしました。
同時に言葉でも「びしょびしょですね」「アナルも丸見えですよ」と妻を刺激しました。
妻はたまらず私から口を離し、「いやあぁん」と甲高い声で恥ずかしがりました。
すかさずホストは複数の指を一気に挿入し、ますます激しく妻を乱れさせました。
かき出すような指使いに合わせ、グチュグチュと割れ目が音を立てました。
やがて失禁したようにしぶきが上がり、妻はあえぎ声が止まらなくなりました。
カーペットが染みだらけになったころ、ホストはコンドームを取り出しました。
律義に私の顔色をうかがった後、素早く装着し、妻の尻を抱え上げました。
そして妻をじらすように棒を陰部にこすり付け、「欲しいですか」と尋ねました。

妻は私の股間に顔を埋め、ホストに尻をさらしていました。
荒い息遣いで身をよじり、質問には答えようとしませんでした。
ホストは語気を強めて妻に返事を迫り、尻をピシャリとたたきました。
妻は「ああぁん」と官能的な声で反応し、ますますホストを刺激しました。
ホストは立て続けに尻をたたき、「欲しくないんですか」と妻を問い詰めました。
パシッパシッと乾いた音を響かせた後、手を休めて答えを待ちました。
悩ましい妻の悲鳴が止まり、部屋は急に静まり返りました。
張り詰めた沈黙の中、妻は後ろめたそうな上目遣いで私を見ました。
部屋に戻ってから妻とまともに目が合ったのは初めてでした。
私は一瞬、たじろぎましたが、覚悟を決め、静かにうなずきました。
妻は目を閉じて呼吸を整えた後、「欲しい…」と泣きそうな声で漏らしました。
それでもホストは承知せず、「何が?」「どこに?」と質問を浴びせ続けました。
寸止めでじらされた妻は、厳しい尋問に耐えきれず、次々に口を割りました。
最後はおねだりを強要され、「おチンチン…ください」と言葉を絞り出しました。
ホストは「どMだなあ」とほくそ笑み、いよいよ挿入の構えに入りました。
四つんばいで固まった妻の背後から狙いを定め、下腹部をスルッと沈めました。
その瞬間、妻は「ああああぁ」と激しいよがり声を張り上げました。
私も体中に電気が走るような刺激を受け、頭が真っ白になりそうでした。
若くて大柄なホストのピストン運動は、精力にあふれていました。
獣のような後背位に続き、妻の腰を抱えて強引に立ち上がらせました。
恥ずかしがる妻に鏡を見せながら、立ちバックで勢いよく突きまくりました。
妻がフラフラになって立てなくなると、ソファの上でM字開脚させました。
覆いかぶさって再び合体した後、妻を抱きつかせ、グイッと持ち上げました。
まさかの駅弁体位でした。長身の妻の体が弾むように揺すぶられました。
妻はいじらしくホストの首にしがみつき、「壊れるっ」と声を上ずらせました。
やがてホストは妻をソファに下ろし、正面からガンガンと突き始めました。
パンパンと肉がぶつかる音と妻のあえぎ声が、部屋中に響きました。
ホストは「一緒にイキましょう」と呼び掛け、腰の動きを加速させました。
妻はなりふり構わず「イクうううぅ!」と絶叫し、頂点に達しました。
何度思い出しても、たちまち勃起するほど鮮烈な光景でした。

長い投稿にお付き合いいただき、ありがとうございます。
蛇足かもしれませんが、最後に駆け足で続きを報告します。
ホストが発射した後、私もソファの上で妻に襲い掛かりました。
妻は身も心も燃え上がっていたらしく、抜群の感度で反応しました。
私は妻の痴態をホストに見せつけながら、激しく出し入れしました。
ホストは棒をくわえ込んだ陰部を観察し、妻を言葉であおりました。
妻は「だめええぇ」と恥ずかしがって錯乱し、私と一緒に昇りつめました。
けいれんが収まると、ホストに付き添われ、バスルームに向かいました。
私はしばらく1人で待った後、2人の様子をのぞきに行きました。
妻はシャワーブースで泡だらけになり、体中をなで回されていました。
シャワーを終えると、ホストに導かれ、ベッドになだれ込みました。
ホストは枕元で「今度は優しくしますね」とささやき、妻にキスしました。
隣のベッドから見守る私をよそに、妻は素直に舌を絡ませました。
指と口での念入りな愛撫に身をもだえ、声は甘く大きく変化しました。
私は強烈な興奮に微妙な嫉妬が入り交じり、頭が混乱してきました。
この際、思い切ってプレイに加わろうと奮起し、シャワーを浴びました。
バスルームから戻ると、妻とホストは騎乗位でつながっていました。
妻は既に何度か気をやったのか、汗だくで髪はグチャグチャでした。
ホストに操られて自ら腰を振り、「おまんこ気持ちいい!」と叫びました。
最後は気絶したように動けなくなり、私の出る幕はありませんでした。
ホストを見送り、2人きりになっても、妻はぐったりしたままでした。
意思疎通を拒むように寝入ってしまい、私はしばらく眠れませんでした。
ところが、朝になって目が覚めた途端、不安は一気に吹き飛びました。
あろうことか、妻が私の陰茎にしゃぶりついていたのです。
思わず「うっ」と声を漏らすと、妻は「ムフフ」と笑って私にまたがりました。
愛くるしく腰をくねらせる姿を見て、私は胸が熱くなりました。
言葉は交わさなくても、気持ちは通じ合っていると確信できました。
チェックアウトの時間を延長し、たっぷりと愛し合いました。
東京から帰り際、妻は「日常に戻るわよ」と爽やかにほほ笑みました。
快感を味わい尽くした充実感が伝わり、私は幸せをかみしめました。
冷静に振り返れば、常軌を逸した体験でしたが、悔いはありません。
刺激にあふれた冒険を経て、夫婦の絆は深まったと実感しています。

元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売