女子高生の娘とセックスしている父親

エロい体験談まとめ

エロい体験談速報

女子高生の娘とセックスしている父親

高1の娘とついにセックスをしてしまいました。

丁度冬休みに入り、渋谷で買物したり、ディズニーシーへ遊びに行ったりするのに都合がいいから、単身赴任しいる私のアパートに泊まりたいと言うのです。

クリスマスの夜、仕事が終わってから娘と東京駅で待ち合わせました。

家は茨城県の田舎町なのですが、週末になるとよく帰っているので、娘ともよく逢ってはいるのですが、今日の娘の格好と言ったら。。。

普段見ていた娘とは格段に違ってセクシーな女に化けていたので、娘なのに何だか娘ではない他の女性を見ているような妙な違和感を感じていました。

日比谷方向へきれいな電飾の下を歩いて行ったのですが、人込みの中ですれ違う度に、男達がうらやましそうに私を見ているのがわかりました。


歩いている途中、娘の方から腕を組んでベッタリと寄り添ってきたので、何と無く恋人同士みたいな雰囲気になってしまいました。

娘はコートを着ていましたが、その下はミニのプリーツスカートに網タイツ、そしてヒールが高い細いヒールのロングブーツを履いていていました。

風が吹いてプリーツスカートがヒラリとするたびに、スラッリとしたバンビみたいな足が、とてもセクシーに見えます。

そんな娘と歩いているうちに、腕を組んで寄り添うような仕草をされるようになったものですから、娘を一人の女性として意識してしまうようになってしまいました。

最初はヒールの高いブーツを履いていたから歩き疲れて寄り掛かってきたのかと思いましたが、私と腕を組んで歩くことに嬉しそうな表情を浮かべていたので私に甘えたいのかなと思い、そのまま腕を組みながら歩きました。

日比谷からお台場へ行って食事をしましたが、この日の娘は今まで私に見せたことがないような甘えたような表情を見せたり、まるで私を彼氏と間違えているかのようにベタベタとくっついてきたりして、とても可愛かったです。

食事をして駅から家へ歩いている途中、娘が私を誘惑するようなことを言ってきました。

「今日の私の格好どう?よくない?」

私は褒めてあげると、娘は嬉しそうな笑みを浮かべたので、どうしてそんな格好してきたのか聞いてみると、ちょっと恋人同士の気分を味わいたかったようなことを言うので、何だか娘が愛しくなってきてしまい、周りに誰も歩いてなかったので、その場で娘を抱きしめてキスしまいました。

娘は驚くわけでもなく、私に体を預けおとなしく抱かれていて、離すと私に

「お父さん、帰ったらエッチして」と誘ってきたので、私は頷きました。

アパートの玄関のドアを開けると、娘をお姫様だっこしてそのまま部屋へ入りました。

娘は私の首に手を回して、トロンとした目で私のことを見つめていました。

ベットの上に娘を下ろすと、妹がキスを要求してきました。

まず先に娘のコートを脱がせて、ブーツも履いたままだったので脱がせようとしましたが、脱ぐと身長差がかなりあるので、キスをするのに娘が背伸びしてつま先立ちするか私が中腰になるかのどちらかで、ブーツを履いたままだとお互い楽な姿勢でキスが出来るので脱がせずにキスしました。

そして抱きあいながら、娘のお尻を触ったりしているうちに段々興奮してきてしまい我慢出来なくなって、急いでベットに娘を押し倒しました。

娘は私にされるがままでした。

スカートの中に手を入れてパンティーを下ろそうとしたら、ヒモパンだったので、両サイドのヒモを解いて剥ぎ取り、ブーツに包まれた両足首を持ってそのまま挿入し正常位で始めました。

どうやら娘は処女ではなかったようで、挿入しても痛がったり暴れたりすることはなかったので、楽にコトが進みましたが、もう他の男を知ってるのかと思うとちょっと複雑な思いでした。

娘はコートとパンティーを脱いだだけで、服は着たまま、ブーツも履いたままの状態でセックスをしたので、何だか女性をレイプしているような感覚を覚え、今まで味わったことのない興奮から我を忘れて目茶苦茶腰を振ってセックスをしました。

あまりに激し過ぎたせいか娘はグッタリしてしまいましたが、その間に私が風呂の用意をすると、娘は服とブーツを脱ぎながら「お父さん、久しぶりに一緒に入ろうよ」と誘ってきたので、一瞬戸惑いましたが、娘とセックスまでしたのだから、今更気を遣うこともないので一緒に入浴しました。

娘が中学生になってからは裸を見てなかったので、その間に成長して大きくなり既にDカップ位はある美形の乳房に視線が釘付けになり、大人の体つきになりつつある16歳の裸を見た私の下半身は正直に反応してしまい、そのまま風呂の中で娘を立たせた状態でバックから2回目をしてしまいました。

もう娘と近親相姦しているという感覚はなくなり、一人の女性と愛し合っているという感覚でお互いセックスを楽しみました。

風呂を出ると12時を過ぎていたのですが、そのまま布団に潜り込み布団の中でも娘の体をむしゃぼるように
抱いて、朝までHし続けました。

おかげで、翌日は会社を休むことになりました。

昼ごろ起きてから娘が家に帰らなければならない夕方まで、二人とも裸で過ごし、
私が回復するとHしました。
  続きを読む
元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売