【体験談】30歳の未亡人はドスケベでした

エロい体験談まとめ

エロい体験談速報

【体験談】30歳の未亡人はドスケベでした
kimamamh0412000007
30歳の未亡人とのドスケベエッチの体験談








ピアノメーカーの営業マンとして出発した頃、当時ワタクシは電車通勤をしておりました。

大体、朝同じ時刻の電車に乗るのですが、通勤途中の密かな楽しみのひとつが同じマンションの10階に住むIさんの奥さんと一緒の通勤時間でした。

Iさんの奥さんは美砂さんと言う名で女優の池上季美子にそっくりさん(30歳)の美人です。

このご夫婦とは前年、町内会のソフトボール大会で一緒になり朝晩挨拶を交わすようになっていました。

とても清楚な奥さんで口調も朗らか、朝は「おはようございます」夜は「おかえりなさい」と優しく声を掛けてくださるので、次第に好感を飛び越して「ヤリタイ」と心の中で思うようになり、朝駅へ向かう時に前を歩いている奥さんのプリプリ左右に揺れる豊満なお尻を見てドキドキしたり、満員電車の同じ車両で体が触れたりするとオチンチンがはちきれそうになったりもしました。

帰り道一緒に軽く会話をした事があるのですが、某出版会社の管理職をしていると言う話でした。

そんなある日、マンションの住民からIさんの旦那さんが脳梗塞で亡くなったという話を耳にし「まだ若いのにこの先、奥さんはどうするのだろう?」などと気に掛けていました。
続きを読む
元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売