【体験談】彼女の手コキの快楽に溺れきっていた僕

エロい体験談まとめ

エロい体験談速報

【体験談】彼女の手コキの快楽に溺れきっていた僕
0152
二十代半ばの頃に、三つ年下の女の子と交際していました。


僕の胸までしかない小さな背丈で、細身の体つきをしていた彼女。


化粧気の無い童顔に、ボーイッシュな短い猫毛の黒髪が良く似合いました。


ですが、そんな幼い見た目とは裏腹に胸だけは大きく発育していて、男をいけない気持ちにさせるタイプの魅力的な子。


もっとも、そんな彼女と僕との性関係は、普通の恋人同士としてはかなり変わったものだったと思うのです。


元はと言えば、まだ処女だった彼女が、初めてのセックスを酷く痛がってしまったところから話は始まりました。


そして射精できずにどうにもならなかった僕は、結局は彼女に手でイカせてもらう事になったのですが………。


恥ずかしい話ですが、僕自身その時初めて体験した女の子の手の気持ち良さに、すっかりハマり込んでしまったのです。


以来、僕はセックスもそこそこに彼女の手ばかり要求するようになってしまいましたが、意外にも彼女はそれを全く嫌がりませんでした。


実は彼女も手でするのが好きになってしまっていたのです。



続きを読む
元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売