【体験談】高速バスに乗って眠ってしまった私。ふと違和感を感じて目覚めると知らない男が私の恥部を触っていた・・・

エロい体験談まとめ
【体験談】高速バスに乗って眠ってしまった私。ふと違和感を感じて目覚めると知らない男が私の恥部を触っていた・・・
kimama0809-01
高速バスで痴漢された話。



夜間の高速バスは静かだ。

長い距離の移動に疲れ誰もが寝ている。

そんな中だからこそ出来る“行為”があった。


くちゃ・・・くちゃ・・・。


照明もごく小さな豆電球に落とされた車内は、走行音以外は寝息ばかりが聞こえる。

耳に届くか届かないかの小さな水音は、同乗者たちの眠りを妨げることはなかった。


夜間バスに乗ってすぐに私は眠ってしまった。

走り出してどれくらい経ったかは分からない。

ふと違和感を感じて意識が浮上したのだ。


続きを読む
元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売

Fatal error: Call to undefined function wpp_get_mostpopular() in /home/beautist/public_html/bestlook.mobi/wp-content/themes/taiken/single.php on line 89