便器に夢中になり、本当の意味での便器になりました

エロい体験談まとめ

エロい体験談速報

便器に夢中になり、本当の意味での便器になりました
あの日は暖かかったので、私は我慢できずにお気に入りの公衆便所に出掛けました。
そこは公園の公衆便所で、公衆便器は黄色く汚れがこびりつき、床にまでオシッコの汚れが染み付いた、私の一番好きな便所でした。

便所に入るとあまりの愛おしさに小便器にキスをしました。

「私の愛しい便器・・・」
続きを読む
元の記事を読む ヤッて姉妹ました ダウンロード販売